×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ボッテガヴェネタのバッグや財布

ボッテガヴェネタは、イタリアのヴェネト地方の伝統工芸技術であるイントレチャートを用いた高級革製品が特に有名です。ボッテガヴェネタの主力製品に用いられているイントレチャートは、細く切った革紐を編みこんでメッシュ状に作る編み込みレザーで、ボッテガヴェネタの女性向けの製品から男性向けの製品まで、ハンドバッグやブリーフケースから長財布、名刺入れ、キーケースなどの小物にもこのイントレチャートが使われています。ボッテガヴェネタではバッグや財布以外にも、靴やサンダル、メンズ、レディースウェアー、ステーショナリーなども扱っています。ロゴでの誇示でなく、控えめで洗練された上品なデザインのアプローチがボッテガヴェネタの価値を高めています。

ボッテガヴェネタの歴史とイントレチャート

ボッテガヴェネタの創業は1966年、モルテド夫妻により、イタリアの北部にあるヴェネト州のヴィチェンツァで高級革製品の生産を開始しました。ボッテガヴェネタの創設当初は、綿や麻のバッグや蝶柄スエードの革製品が中心でしたが、現在のボッテガヴェネタの主力である編み込みレザーのイントレチャートをバッグや財布など製品に取り入れたことがきっかけで有名になりました。ボッテガヴェネタは、2001年よりグッチグループの傘下に入り、現在のクリエイティブデザイナーは、ソニアリキエル、エルメスでの経験を持ち、自身のブランドも展開するドイツ生まれのオーストリア人、トーマス・マイヤーが務めています。トーマス・マイヤーの就任によって、ボッテガヴェネタは世界でも有名ブランドに成長したといっても過言ではないでしょう。

人気バッグのボッテガヴェネタ・カバ

ボッテガヴェネタのイントレチャートは、他のメーカーの物と比べても非常に滑らかで触るとすぐに違いが感じられます。落ち着きのある光沢も魅力の一つです。ボッテガヴェネタのバッグや財布の表面にはロゴなどは入っていませんが、控えめでありながらも存在感のあるデザインが魅力です。ボッテガベネタの中でも人気のバッグはオープンタイプのトートバッグ、カバです。山羊革の革紐を二人の職人が二日がかりで丁寧に作り上げたハンドメイドのバッグであるカバは、アジア限定のSサイズからLサイズの大きいものまであり、男性、女性を問わない一味違ったエレガントなデザインのトートバッグです。ボッテガヴェネタのカバ。さりげなく優雅でゆとりのある大人の魅力を演出します。

Copyright © 2007 ボッテガヴェネタのバッグ